テスト出力 デスクトップアーミーのシルフィーを出力してみました。

3Dプリンターを購入してから最初のテスト出力はこちらで配布されている3Dデータ、デスクトップアーミーのシルフィー

初回の出力では組立ミスにより軸が逆になるという大惨事により奇っ怪な怪物が出力されるという珍事。

再びコードを入れ替えチャレンジすると今度は割としっかりと出力されている模様。

見て欲しいのは出力されたものの左下、線が解けたようになっていますね、これはサポートを制作していない事が原因になります。

次からはそういう部分も考える必要が有りそうだ。

表はしっかりと出力されていたので動作は問題ない模様。

と言う事なので、本番出力へ、前回の積層の厚みは0.4mmでしたが今回は0.1mmに減らし全パーツを出力しています。

サポート材も生成しているのでかなりしっかりとした出力がされています。

 

組み立てるとこんな感じですが、自立は難しいですね

なので専用の台のモデルを制作してみました。今度はそこまで精度を重視しなくても良いので0.4mmで制作しています。

パーツでも分けているのでしっかり曲がる。

組み立てたもの、下のモデルの大きさは対して測っておらず目測 

  

両方組み立ててみました。

 

目測で作ったにしては上出来。

  

けっこう荒い仕上がりではありますがテスト出力にしては中々です。

今度0.2mmのノズルが届くので積層の厚みを0.04mm~0.01mm程に下げてみても良いかも知れませんね。